完美世界(パーフェクトワールド)のアルデバランサーバでプレイしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
領土戦レポート対PRIDE編
最大手ギルドとPRIDEとの対戦から領土戦の戦略について書き綴ってみたいと思います。
■戦力
 前半戦(最初の1時間)は60vs40ぐらい(?)だと思うのですが主戦場では一進一退で均衡した戦闘が行えました。PRIDEは防衛側ということもあり戦力を分散させているようでした。おそらく奇襲を防ぐための万全の配備でしょう。主戦場においては白熱した戦いだったのですが、実はそれがおとりで奇襲を受けていることは露知らず…(次項参照)。

 後半戦(残りの2時間)は50vs40ぐらい(?)とPRIDE側で2PT分ぐらい戦力が減ったように思います。おそらく同時刻に行われているもう一方の領土戦側に戦力を調整したのでしょう。この時間帯からPRIDE側は城内を強固に固め稀に少数による投石車奇襲を行う形に変えてきました。今度は投石車部隊を陽動に使ってきたわけですね。

■投石車を含めた別働隊による奇襲攻撃
 Crusadeは人数で劣っている点をカバーするためほぼ全軍で動いていました。そのためうまく隙を付かれた形になることが多かったです。PRIDEの本陣(陽動)は撤退気味に戦っているのでこちらの死に戻りも少なく、イケイケで押し込めていた点がまた目を曇らせる要因だったといえます。

 実は陽動とはいえ敵本陣であり、こちらの勢力を超えており城内は鉄壁の守りでした。仕方なく自軍城内に応援にかけつけるも戦闘が終わっていることが度々あり、何度もかく乱させられました。

 死に戻りするのも手ですが、封印時間や元気も考慮して徒歩の場合も良いです。後衛職にしてみれば後方から突くというのは重要です。一度だけ奇襲部隊に遭遇して後方追跡できました。自軍城壁手前で死に戻った味方数名と敵奇襲部隊2PTぐらいが戦っていましたが、攻撃を受けることなく一方的に倒すことができました。
 
 
■城内の守り
 後半戦では敵城壁前までは容易に侵攻が行えるようになったのですが、ここから敵の守りがとても強固でした。

 弓塔は全て束縛でした。おそらく青陣による強行突入をスタンキャンセルするためでしょう。また、城内での戦闘人数が増えてくれば範囲攻撃は極めて効果的です。中を固めておけは少数奇襲はプレイヤーで撃退できるため連射といった弓塔の支援も不要だからです。

 敵前衛職が牽制に入り口当たりで戦闘を繰り返して消耗させられ、城壁からは間接攻撃の部隊が1PTほど配備されています。ご丁寧に城壁に上る通路に待機しているプレイヤーもいて、なかなか一方的に制圧というわけにはいきませんでした。城内からの援軍も早かったです。

 驚くべきは城内の布陣でした。塔が全て残ってることもあったのかもしれませんが、統制がとれているのか極めてまばらに分散しています。これでは中央から入った味方はどこから攻撃されているのかわからないまま全滅です。

 毎回中央突破で攻め立てていたのですが、これはあまりに脳筋すぎました。突撃の合図もあいまいなもので足並みがそろっていません。城壁の敵も放置だったので数に勝る防衛側がこれで守りきれないわけがありません。

 相手の精鋭部隊は投石車のみを狙っているようでした。何度も出鼻を挫かれていたように思います。城内で戦っているのは投石機のない状態で、塔もクリスタルも削れないまま、徐々に鎮圧されていくようなことが繰り返されてる印象が強かったです。

クリスタルが倒せない

 折角、守りを城内に集中してくれているのですから、包囲網を狭めるが如く、外側の全ての弓塔を破壊するべきでした。そこから、左右へ攻撃を揺さぶりつつ塔を破壊し、城内で、側面からの攻撃や包囲されない状況へ持っていき、敵を正面に集中させ押し切る戦いへ持ち込めればいい勝負になったでしょう。

 今まで人数の多い城内戦を経験していなかったことが主な敗因かなと思いました。獣へのヒール連打で突撃が通用するほど敵が少数ではないということ。中央突破時に敵が前方に密集しているほど敵は少数ではないということ。それに比べ相手側はその辺を熟知しているように思いました。おそらく先週の大規模戦闘の経験値分、相手が上手だったように思います。

 ただ、個々のプレイヤースキルはこちらが上回っていたようで劣勢にもかかわらず、それを各個撃破しうまく押し返す形になっていたと思います。勝負に勝って試合に負けたという感じでしょうか^^;今回の経験を糧に戦略を練り、今度は試合(領土)を勝ち取りたいですね。

■おまけ
 所要時間3時間フル
 赤POT約30個消費
 青POT約50個消費
 HP課金札約20万消費
 80勝20敗(体感)
 むちゃな奇襲を多くして死にすぎ
スポンサーサイト

テーマ:Perfect World -完美世界- - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
PRIDEの数は、最終的に50くらいだったと思う。
最初は60くらいかな。
どうしても押し込めなかったのが、今後の課題だね。
最近防衛ばかりで、攻め落としていないから、攻め落とす訓練が足りてないのかもしれない。
2007/07/10(火) 11:06:28 | URL | グロールフィンデル #-[ 編集]
人数はそんなものでしたか。一応修正しておきました。
30人前後と50人前後では城内での戦略が、がらりと変わってくるの感じましたね。
今回の経験をしっかりと糧にしたい所です。
2007/07/10(火) 21:45:53 | URL | 神無月 #-[ 編集]
これはどんなMMOにも言えることだけど、指示を一人にまかせちゃうのも手なんだよね。常に最善の指示が出るわけではないんだけど、少なくとも戦力統率はできるから効果はかなりある。現状だと指揮官がPTLに死亡数確認と索敵確認を好きなタイミングで行って指示を出す程度かもしれないけど、慣れてくると状況把握がMAPイメージで持てるようになってくるから・・・ってまあ場数が必要なんだけどねw

いずれにしろせっかくの火力もタイミングがズレては半減してしまうし、PWにおいては特に城内突入の際、敵のタゲを一時的に集めるPTを先に入れて敵に元気使わせるとか工夫が必要、そのすぐ後ろからスタンPT>投石及び援護の順でいかないと投石が潰されてしまうよねw

私は霊極妖精なので領土戦ではイマイチな存在なんだけど、範囲魔法で戦士タゲ複数集めてリフレロザで戦士殲滅とか、ちょっと前に出て範囲魔法で複数タゲとったらすぐ味方の後ろまで狐になって後退して、味方への一時的タゲそらしと誘い込みなんか得意としてます。うまくするとバフ消しもついでにやっちゃったりとかねw

って随分長くなったからこのくらいにしとこw
次回も頑張りましょうね^^
2007/07/11(水) 07:07:38 | URL | Makana #-[ 編集]
色々上げると話が尽きないですよね^^

一番大事なのは一人一人がチームとしてより効果的にどう動くべきか考えて経験を積んでいくことだと思っています。

私のブログを通してそういったことが少しでも手助けになればなぁと思っています。
2007/07/12(木) 01:11:28 | URL | 神無月 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。